ポートフォリオ: 鶴岡 利久 

サウンドデザイン・作曲・録音技術能力の経験を紹介するポートフォリオです。

Audile's Dream

種類:Interactive Arts Performance Seriesに向けて作曲した作品

サウンドデザイン・作曲:鶴岡利久

作詞: Ashley Muniz

編成:音声、エレクトリックギター、コンピュータ

制作期間:2018年2月

詳細:

アナログシンセサイザーやFMシンセシス、そしてリアルタイム音声効果音処理を駆使した作品です。Moogシンセサイザー、Ableton Live、Max/MSPなどを主に使ってサウンドデザインしました。動画は、2018年にニューヨークで開催された、インタラクティブ・アーツ・パフォーマンス・シリーズ(Interactive Arts Performance Series)での演奏です。

もし人間が五感を失い、聴覚のみしか存在しない世界に入り込んでしまったら、どんな音の世界になるのだろう、という問いを表現しました。

Max/MSPを使って、グラフィック・スコアを自動上映し、演奏者とフィクスト・メディアをシンクロナイズする仕組みです。

下のグラフィック・スコアをクリック!

​ズームをし、左右にスクロールしてご覧ください。

Audile's Dream Score.png

種類:映像、音声のマルチチャンネル・インストレーション

サウンドデザイン・作曲・映像:鶴岡利久

作詞: Ashley Muniz

制作期間:2019年5月

 

詳細:

ニューヨーク大学のギャラリーにある、マルチチャンネル空間のために創作した、電子音楽と書道の文化を掛け合わせた作品です。本来は、21チャンネルスピーカーと6個のビデオモニターを使ったインストレーション設定でした。Max/MSP/JitterとAbleton Liveを駆使してサウンドデザインと作曲、そして映像の作成をしました。

喜・怒・哀・楽・愛・悪の六つの感情を、音楽と音声を通じて、感情ごとに変化させ、映像と共に表現することに力を入れました。書道の映像は、DSLRカメラで録画した書道の筆の動きを、Max/MSP/Jitterを使って処理しました。

2020年7月に開催されるThe Electronic Literature Conference(国際電子文学会議)にて、インストレーションされる予定です。

ニューヨーク大学ギャラリーにての写真

Lilac

種類:ニューヨーク音楽大学院・現代音楽アンサンブルのために作曲した音楽

作曲:鶴岡利久

​編成:フルート1(ピッコロ、アルトフルート持ち替え)、オーボエ1、クラリネット1(バスクラリネット持ち替え)、ファゴット1、パーカッション3、ピアノ1、弦楽五重奏

制作期間:2019年2月

​詳細:ライラックの花びらが、何層にも重なり合った美しさに魅了されて作曲した作品です。

下のスコア画像をクリックして、スコアをご覧ください。

ニューヨーク大学院学期末コンサートにての写真

ミキシング・マスタリング経験 

マスタリンングエンジニアとして手がけた作品集

ミキシング・マスタリングを両方手がけた作品集

コンピュータ音楽関連研究経験(ニューヨーク大学院にて) 

リアルタイムで音声の感情を読み取り、自動バックグラウンド音楽作成を目指すソフトウェアの開発をしました。Machine Learning(機械学習)やSpeech Recognition(音声認識)の技術、そしてMATLABとMax/MSPを駆使しての生成音楽を実現しました。

2019年度 ICMC国際コンピュータ音楽国際会議にて、研究結果発表時の写真

米コンセンサス・アンサンブルからレジデンス・コンポーザーとして招聘され、YouTube と Google ドライブ、そして Max/Jitter を使って、離れた場所にいる メンバーとの音楽づくりを可能にする、オンライン作曲システムを作りました。

米コンセンサス・アンサンブルとのオンライン・パフォーマンスの結果映像

2020年度 SEAMUS会議 (The Society of Electro-Acoustic Music in the United States)にて、Community-Engaged Performance分野での発表をしました。

以上

© 2020 All Rights Reserved.